「第4回 英語でニッポンを語ろう! コンテスト in 川越」レポート

7月6日(土)、「第4回 英語でニッポンを語ろう! コンテスト in 川越」がウェスタ川越大ホールにて行われました。

今年の司会は、俳優の岡田真澄さんのご子息、俳優、ラジオパーソナリティの岡田眞善さん。爽やかで落ち着きのある眞善さんの進行で、和やかにスタートしました!

学生部門

学生部門はフレッシュで可愛いい中学生と将来が期待される高校生の全5組が出場。
歴史ある街並みの再確認、「もったいない」や「おもてなし」という日本人特有の感覚について、清掃ボランティアに参加して気づけたこと、川越市の隣町川島町の郷土料理の「すったて」等々……
真摯で丁寧な英語で語ってくださいました。
色々な事件のある今日この頃。でも彼らのスピーチを聞いて、明るい未来を感じました!

一般部門

一般部門、耳を疑うほどの流暢な英語のリズムと抑揚に感情を見事にのせた方が多く、会場もある種の緊張感に包まれました。
歴史的な碑石のことや、美味しい和食、日本人の立ち居振る舞い、カルピスや日本酒がおいしいのは日本の水がおいしいから等、発見がたくさんありました。

商業・サービスPR部門


人はなぜ仕事をするのか?
自分のため? 家族のため? 会社のため? ベースはそこにあっても地域との結びつき、高齢者の健康増進、地域に根ざすホテルの在り方等……日本人は、ビジネスを越えたホスピタリティを持っているのだなぁと感じました。

小学生部門

小学生部門では、身近な和食や伝統文化、新元号、そして日本の紹介等々、緊張からか、スピーチ中に途中で止まってしまい「もう一度初めからやらせてください」とひたむきな可愛らしい姿に、会場が微笑ましい空気に包まれた一幕もありました。
小道具も凝っていて、海外でも話題になりそうなインスタ映えする演出もあり、全会場が一つになって、子どもたちを応援していました!

アクティビティ

今年のアクティビティは、英語の通じる街実行委員会と同じく、小江戸川越親善大使の川越CLEAR’Sさんとポッドキャストの人気番組『スピークアップ・レディオ』のパーソナリティのMJさんによる◎✖クイズ。
和製英語に慣れ親しんできた私たち。英語だと思っていたのに、英語ではなかったのかと気づかされ、とっても勉強になりました。
MJと川越CLEAR’Sの皆さんとの息が合っていて、和やかに会場を盛り上げてくれました。

東京オリンピックに向けて


間近に迫ってきている東京オリンピック、川越商工会議所の立原会頭のご挨拶や、川越オリンピック大会室からご案内をいただきました。
埼玉県はご存知の通りゴルフ会場になります。英語で応援!? Nice shot!
男子が7月30日―8月2日、女子は8月5日―8日の予定です。
「今からゴルファーを目指す!」という、会場からのお子様の発言も聞かれ、可愛かったです。

国連が推進するSDGsについて国連本部からの視点を紹介


国連経済社会理事会・広報局公認NGO国連常駐代表村田敏彦様からお話をいただきました。
持続可能な開発目標(sustainable development goals)通称SDGsは貧困に終止符を打ち、地球環境を守り、地球に住むすべての人が平和と豊かさを得ることを目指す行動をしよう!と呼びかけています。
例えば、安全な水を得られない国の方々が援助により井戸を掘リ、美味しく安全な飲み水をえられたとしても、その支援が終わった後,井戸が壊れてしまったときその方たちは修復や維持に困難をきたすことでしょう。意義を理解していただいたり識字率を上げたり、持続ができるようことが大切なのですね。

そして、いよいよ審査結果の発表です。

小学生部門の出場者には、それぞれに「えがおがすてきだったで賞」「富士よりビッグになるで賞」「ベスト兄妹ハーモニー賞」「和食アンバサダー賞」「TheGreatestKidsShow」が贈られ、商業・サービス部門の出場者には、「川越PR賞」「日本式ノルディックウォークで健康PR賞」「川越流おもてなし賞」が贈られました。
「学生部門」「一般部門」から、個性があふれていたで賞、おもいが伝わったで賞、そして、各部門賞、最優秀賞が選ばれました!

受賞者はコチラ

受験に縛られ、点数を取るだけのために英語を学んだ時代はもう終わっています。
その世代の私たちは、自力で会話で人つながるために英会話をブラッシュアップしていますし、子どもたちは見事に、身近な人と英語でつながろうとしています。若い世代の方ほど英語が流暢です。
ブロークンでも単語だけでも、世界中の人びとはあなたのひとことを待っています。

今年もご協賛をいただきました70社以上の企業、団体の皆様へ心から感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。
応募、出場された皆様、ご来場いただいた皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。
また、様々な国籍、たくさんのボランティアさんが参加してくださり、受付や会場運営を頑張ってくださいました!ありがとうございました。

川越という地域と世界が繋がった気がして、すごくうれしかったです。
さぁ来年に向けてまた準備開始ですね!
これから英語の勉強を始めようとしている方、まだ始めてないけれど英語は大好きという方、英語の勉強はしたくないけど(笑)世界の方とつながりたい方、出場、観覧とだれでも楽しめるコンテストです!
また、来年のコンテストをお楽しみに!

関連記事

  1. 第3回 英語でニッポンを語ろう!コンテスト in 川越
  2. 2016 英語でニッポンを語ろう!コンテスト
  3. 2017スピーチコンテスト出場者
  4. コンテストのタイトル「英語で言いたいことYEAH(言えー)!!!」
  5. 英語でニッポンを語ろう!コンテスト in 川越 2016年受賞者
  6. 2017コンテスト
PAGE TOP